「好きなことで起業する」の罠

独立や起業を考えてる方向けの記事です。

よく

好きなことで起業するとうまくいく
やりたいことを仕事にすると稼げる

みたいなことが言われます。

考えそのものには同意しますが、鵜呑みにすると危険です。
特に「誰でも」「ラクに」「簡単に」と書いてあるような起業塾等の広告はヤバいです。

実際、好きなことや、やりたいことを仕事にして成功してる方もおられますが、表面的なところだけ見て真似してもうまくいきません。

そもそも、「自分が好きなことややりたいこと」ってわかりづらいもの

「いやいや、そんなことはわかってる」と思われた方がおられるかもしれませんが、趣味のようなものだったり、特定の職業や職種だったり、勉強してきたことや、持ってる資格だったりする方が多いのではないでしょうか。

それらが間違ってると言いたいのではなく、お伝えしたいのは抽象度を上げたり、深掘りしたりしないと、本当に好きなことややりたいことを見誤ることになるということ。

自分が好きなことややりたいことの「目的」や「理由」について考えて、それを活かすことこそ、自分らしくビジネスをして長続きすることにつながるから。

わかりやすく書くと、好きなことややりたいことよりも、ついやってしまうことや執着してることにヒントがあります。

そして、それをビジネスに落とし込んで提供し、お客さんに喜んでもらうことで

好きなことで起業するとうまくいく
やりたいことを仕事にすると稼げる

が(本質的な意味で)実現するのです。

とはいえ、自分のことはなかなかわかりづらいもの。

自分の好きややりたいことを掘り下げることに興味のある方は「未来デザイン会議」のページもご覧ください。

シェアしていただけると嬉しいです
目次